1. HOME >
  2. FAQ

よくある質問と回答

最新FAQ

屋上緑化工事にかかる費用は?

コケ緑化ユニット 設計価格:25,000円/㎡ (施工費を除く)

施工する屋根(屋上)の形状によって施工部材や方法が異なります。
また施工面積に応じて価格対応を致しますので
お気軽にご相談ください。

FAQ > コケ緑化
 
ページの先頭へ戻る

LED事業とはどんな事業なの?

LEDといえば、近年では省エネや長寿命といった点が注目を集めており、白色による一般照明用途での普及が急速に進んでいます。

しかし、LED(発光ダイオード)やLD(半導体レーザー)は、赤色や緑色などといった限られた色の光だけを放射することのできる(=単波長特性に優れた)光源です。

当社では、こういった光源の本来の特性を充分に引き出すことに主眼を置いており、植物栽培(光化学反応)という用途に絞った光源の開発を進めています。

FAQ > LEDユニット
 
ページの先頭へ戻る

屋上に設置した後のコケの状態は?

季節の変わり目などに、やや茶褐色になることがありますが、本来の緑を取り戻しながら少しづつ成長します。

COOLMOSSは、屋上という過酷な環境に充分に耐えられるよう設計しており、当業界でも唯一の試みとして、導入後の経過も公開していますので、こちらをご覧ください。

FAQ > コケ緑化
 
ページの先頭へ戻る

省エネ効果はありますか?

建造物の構造や立地条件等により異なりますが、特にプレハブや工場・倉庫のように簡易な建物(金属屋根)への設置は、緑で屋根を覆いますので、屋根から屋内に伝わる熱を緩和し、省エネ効果に期待ができます。

実験例をこちらに掲載しておりますので、ご参照ください。

FAQ > コケ緑化
 
ページの先頭へ戻る

寒冷地でも施工は可能ですか?

スナゴケの耐性温度は-20℃~70℃とされていますので、東北地方から沖縄地方でも施工は可能です。

ただし、北海道のような積雪量の多い地域の場合、傾斜屋根の設置には十分な検討が必要です。

FAQ > コケ緑化
 
ページの先頭へ戻る

メンテナンスやランニングコストは?

いずれも、原則として不要です。

乾燥に強いので、自然の降雨だけで充分ですし、土を使用していないので、肥料や除草も不要です。

また、排水溝などの水回りへの負担もほとんどありません。

ただし、壁面緑化に関しては、屋上緑化の場合よりも吸水が難しいことから、原則として散水設備の導入をお勧めしています。

FAQ > コケ緑化
 
ページの先頭へ戻る

屋上や屋根への負担(重量)は大丈夫ですか?

「COOLMOSS(クールモス)」には土が全くいりませんので、他の緑化方法とは比較にならないほど軽量です。

また、施工前には、必ず取付金具も含めた積載荷重の確認を行いますので、ご安心下さい。

FAQ > コケ緑化
 
ページの先頭へ戻る

ユニットの上に乗っても大丈夫ですか?

状況の確認などの際に上に乗っていただくことは可能ですが、頻繁な歩行は避けてください。

コケには根がないので、踏圧と摩擦により散乱してしまうことがあります。

FAQ > コケ緑化
 
ページの先頭へ戻る

ヴァロールってどんな会社ですか?

大阪府立大学の村瀬教授(当社取締役)が創業した、いわゆる大学発ベンチャーにあたります。

長い研究開発期間を経て、本格的な事業化のために2008年に体制を一新しました。

様々な企業や大学との連携によって、これまでにない技術を世に送り出すことを目指しています。

FAQ > ヴァロール
 
ページの先頭へ戻る

ヴァロールの社名の由来を教えてください。

ヴァロールは、イタリア語『VALORE(価値=VALUE)』から派生しています(※発音はイタリア語とは異なります)。

新たな価値(製品・サービス)を創造していくという思いを込めたものです。

FAQ > ヴァロール
 
ページの先頭へ戻る

お問合わせはこちら